注射一本でエラのコンプレックスを解消できる

咬筋を緩める

女性

発達した咬筋を緩和し顔を小さくする

女性誌などでは小顔メイクが人気を集めています。メイクを工夫することで顔を小さく見せることはできないことではないものの、やはり限界はあります。それというのも、骨格がしっかりしていたり、咬筋が発達している場合には、それ以上は化粧でごまかすことができないからです。そこで、小顔になるための方法としては、ボトックス注射というプチ整形の施術を受けるという方法があります。この方法ではボトックス注射を咬筋に注射することにより、発達した咬筋を緩め、発達したエラを収縮させる施術です。これにより、まるでダイエットをしたかのように顔の輪郭が小さくなり、理想的な小さな輪郭になることができるのです。これはプチ整形の一つであるということから、施術は注射器一本で済みます。また、施術時間もたったの10分程度であり、ダウンタイムもほぼ無いので、施術後はそのまま帰宅をすることができ、通常通りの生活を送ることができるのです。翌日からは効果が現れてくるので、鏡を見る楽しみが増えます。

ボトックスによる小顔効果の表れ方というのは、エラや咬筋部分の廃用性萎縮を起こし、顔の輪郭を小さく見せるための方法です。この方法を用いれば、美容整形手術をしなくても、ある程度は小顔になることができます。小顔のための美容整形と言うとボトックス注射、もしくは、エラ削りや顎削りといった費用の高い美容整形のどちらかになります。なかなか美容整形をするまでには決心がつかないのであれば、まずはボトックス注射を利用して様子を見るという方法もあるのです。施術方法はとてもシンプルで、エラにある咬筋にボトックスを注射します。そうすることで、咬筋が徐々に細くなるため、発達していた部分が萎縮して顔が小さくなるのを自分でも実感することができます。廃用性萎縮が始まるのが施術後1周間が経過した頃からで、それから2週間ほど経つと顔が小さくなったと実感できます。効果が最大になるのが4週間から8週間頃のことで、この時期になるとダイエットをしたように、アゴ周りがすっきりしてきます。

Copyright© 2020 注射一本でエラのコンプレックスを解消できる All Rights Reserved.