注射一本でエラのコンプレックスを解消できる

様々な用法がある

整形

小さい顔やシワ取りに効果

若い女性から中高年まで幅広い年齢層から人気のあるボトックス注射ですが、実はその効果は様々です。女性誌では愛され小顔という見出しで小顔になりたい女性のための特集が組まれています。メイクなどでも顔を小さく見せることはできるものの、やはり効果として実感するためには、ボトックス注射が一番効果的であるとされているのです。エラの咬筋を弛緩させることで顔を小さく可愛らしく見せることができます。他方、ボトックス注射にはアンチエイジングの効果を期待することができます。アンチエイジングと言えば、ヒアルロン酸注射が有名ですが、ヒアルロン酸注射の場合には浅いシワへのアプローチが可能であって、深いシワへのアプローチには適していません。そこで、表情筋などによってできてしまったシワを目立たなくさせる効果を期待することができます。今でこそ世界中に広まったボトックス注射によるシワ取りではありますが、実は、これは日本初のプチ整形であり、高い効果と持続性が期待できると評判です。

ボトックス注射の特徴は、筋肉に働きかけることから効果が長く持続するという点にあります。ヒアルロン酸注射によるアンチエイジングの場合、皮膚の表面にハリを出すことしかできないため、ヒアルロン酸が吸収されるとその効果も無くなってしまいます。ところが、ボトックス注射に関しては筋肉にアプローチするプチ整形なので、その効果が長い間残るという特徴があるのです。例えば、小顔になるためにボトックス注射をエラの部分に注射をした場合、その持続効果は半年程とされています。半年経過したら全く効果がなくなってしまうのではありません。現実的には、半年以上経過しても、3割程度は咬筋の働きが元に戻らず、小顔効果が持続します。さらに、加えてボトックス注射をし続けることにより、その効果が更にアップするとされています。そのため、他のプチ整形に比べて効果が現れやすく、それでいて持続性があることがわかります。ヒアルロン酸注射よりも持続性がありながらも、費用はそれほど変わらないです。

Copyright© 2020 注射一本でエラのコンプレックスを解消できる All Rights Reserved.